Profile

小財 仁(コザイ ヒトシ)

11月27日生まれ、兵庫県西宮市出身。
「田村淳の大人の小学校」7期生。
https://aboutme.style/hitoshi_kozai

■Music ~ベーシストとして
12歳でギターを始め、15歳でベースに転向。
大阪でのバンド活動を経て活動拠点を東京へ。
数々のバンド活動の中で、全国CDデビュー、iTunes、Amazon music、mora、レコチョク、music.jp等での全国配信デビューや、各種メディア出演も果たす。

現在はサポートベーシストとして活動中。

Mobile Phone ~携帯電話について~
au(KDDI)の専属販売員として携帯電話に関するキャリアをスタート。
その後、docomo、au、SoftBank等の大手キャリアの販売だけでなく、UQmobile、Y!mobile等の格安SIMの販売にも早くから携わり、近年注目度の高まるSIMフリースマートフォンの分野に関しても、卓越した知識を身に付け、スマホ教室講師、販売店向けアドバイザーとしても活動している。

各種報道番組への取材協力、出演も積極的に行う。

・フジテレビ
「めざましテレビ」
「とくダネ!」
「Live News イット!」

・TBS
「アッコにおまかせ!」
「Nスタ」
「あさチャン!」

・日本テレビ
「news zero」
「news every」

・テレビ朝日
「スーパーJチャンネル」・・・等


日本は先進国でありながらも圧倒的にIT、デジタル、情報リテラシーが低いと言われており「デジタル後進国」とさえ言われています。特にスマートフォンにおいてはその傾向が顕著に表れています。故にスマートフォンを取り扱う携帯ショップでは日々のユーザーのフォロー、対応の負担が増加し、想像以上に大変な状況となっているのです。

元より日本は「サービスに対してお金を払う」という概念が希薄であり、データ移行、設定作業、プランニング等の作業が「無料で当たり前」「他者に任せたい」と、多くの方がそう考えてしまっている環境も現場を苦しめる大きな問題となっています。 そして時には本来携帯ショップでは対応出来ないような過剰な要求により苦しめられている事も事実です。

そしてそれら「スマホリテラシー」の低さはユーザー自身の権利、利益を損ねることにも繋がっています。何故なら日本の大手キャリア(携帯会社)はユーザーのリテラシーの低さを利用し「無知を貪る」形で明らかに携帯会社側が大きく有利なサービスを提供し続けるからです。ユーザーが言われるがまま、疑うことなく思惑通りにコントロール出来てしまう今の社会に対して、携帯会社は「変化」は望んではいません。ユーザーのリテラシーが低いままの方があらゆる商材を都合よく誘導し、簡単に利益を生み出す事が出来るからです。

私はそんな日本を変えたいと思い、ユーザーがもっと積極的にスマートフォンに関心を持ち、自己管理する為の知識を身に付けて貰えるよう情報を発信し、言及する活動を行っています。
結果それが疲弊しきった携帯ショップの現場スタッフの皆様を救う事に繋がり、ユーザー自身にも有益な知識を身に付けて貰える事で日本のスマートフォンを取り巻く環境がより健全な姿に変わって行くと信じています。

日本のスマートフォンを取り巻く「いびつな環境」は今こそ改善されなければならないと思います。