Blog【NUROモバイル。公式アンバサダーとして1ヶ月使用してみて分かった品質と「自信」】

News
ディスプレイ広告

気付けばあっという間に3月に。

やっと少しずつ春の匂いが感じられる気候になって来たかなと感じています。

さてさて

ソニーグループのモバイル通信サービス、格安SIM「NUROモバイル」を「NEOプラン公式アンバサダー」として利用させていただき、丸一ヶ月が経過しました。

今回はその中で私が感じた使用感について。

そして、NUROモバイルが細かな部分で覗かせてくれた「自信」

そういった部分について書いてみたいと思います。

□品質面について

やはり格安SIMを選ぶ上で一番気になるのは品質面ではないかと思います。今や生活必需品であるスマートフォン。使いたい時にいつでも繋がらないようでは意味がありません。

細かな料金体系はHP等で数字で判断出来る部分ですが、実際の使用感はやはり使ってみて初めて体感して気付く事もあると思います。

私が公式アンバサダーを務めるNUROモバイル
「NEOプラン」の詳細についてはコチラ。

①電波エリアについて
こちらについてはやはり「docomo系MVNO」の強みをあらためて実感させて貰えるキッカケになりました。

以前Rakuten Mobileを利用していた時はプラチナバンドの問題から、やはりどうしても屋内の電波が弱く、飲食店等で圏外になってしまう事が頻繁にあった為、会計時の電子決済等でわざわざ別のスマートフォンからテザリングして決済を行うという、何とも複雑な気持ちにさせられてしまうシチュエーションが頻繁にありました。

docomo回線を利用するNUROモバイルに変更してからはそういった事は一切なくなり、私の主な生活圏内(東京〜神奈川)ではしっかり「5G」も拾ってくれています。

※現在iPhone13Pro MaxのデュアルSIMにて、メイン回線を「NUROモバイル」。サブ回線に「LINEMO」のSIMカードを使用していますがLINEMOはビジネス用途でしか使用しておらず基本電話の受け専門です。

docomo回線MVNOの安心感。
あらためて強く感じました。

②通信速度について
こちらも現在ではインターネット上でいくらでもテスト結果を検索する事が出来ますが、いつ、どこで測るかによってその値は大幅に違ってくるでしょう。そうなるとやはり実際の利用者の声を聞きたいという方は多いと思います。

私は今までにも他社MVNO(格安SIM)も多数使用して来ました。そんな中で、どの会社も健闘はしていても「やはりMVNOだな」と感じさせられるタイミングが必ずありました。

いわゆるピーク時間帯。お昼休み時間や、夜に自宅でくつろぐような時間帯、通勤時間、退勤時間などのインターネット使用、動画視聴等が集中する時間帯ですね。どうしても速度の低下、動画視聴中の「詰まり」等が発生していました。

しかしハッキリ言ってそこまでのクオリティをMVNOに求めるのは、私はそもそも「欲張り過ぎ」だと考えており、今回のNUROモバイルを利用させていただく際も、そういった混雑時間帯の品質低下は「覚悟の上」での契約でした。

しかし、見事に良い意味で予想を裏切ってくれました。

今の所、私の生活の中ではどの時間帯でも前述のような「やはりMVNOだな」と感じるタイミングは一度も訪れていません。

勿論今後ユーザーがどんどん増えて行けば状況が変わるという事も有り得ると思います。その時こそNUROモバイルも真価を問われる事になるのではないかと思います。

今後の品質維持にも期待しています!!

□一番伝えたかった事。「NUROモバイル」が覗かせてくれた「自信」

実はこれが皆様に一番お伝えしたいポイントです。
下記の写真はNUROモバイルの「ご利用者向けページ」トップのページの一部です。

今までにも様々な携帯会社をご利用されて来た方は、もしかすると「ある事」にお気付きになるかもしれません。

逆に今まで大手キャリア(大手携帯会社)のみをご利用されていた方には「?」と写るかもしれません。

そう。

「サービスの解約」の手続きが堂々とトップページに表示されています。

実は大手キャリアですら「解約手続きページが中々見つからない」といった声が多く、実際に「わざと解約ページ等の携帯会社にとって不利益に繋がる手続きページをややこしく見つかりにくい配置にしている」ケースもあり、過去にdocomo、auはWEBサイト上で意図的にユーザーが解約ページに辿り着けないような「細工」を施し、総務省から厳重注意を受けた事すらあるのです。

※詳細については下記の記事もご覧ください。
https://iphone-mania.jp/news-378772/

何故そんな事をするのか。

それは携帯会社は貴重な顧客を他社に流出させないようにしたいからです。

しかしNUROモバイルはこの解約手続きを「堂々とご利用者向けページ」のトップに表示しています。

これは本来、携帯会社としては一番「見せたくない選択肢」である筈なのです。

それを堂々とトップに配置する。

それはNUROモバイルの「圧倒的自信」の現れであり、同時にユーザーへの「信頼」の証でもあると私は考えています。

職業柄、真っ先に気になった部分でもありましたが、とても好感の持てるポイントでした。

これからもTwitterを中心としつつ、当ブログ内でも様々な視点で「NUROモバイル」について、皆様に有益な情報をお届け出来たらと思います。

Twitterのフォローよろしくお願いいたします。