Blog【修理屋目線で語る。スマホの「有機EL」について。】

Blog
ディスプレイ広告

Apple社のiPhoneでは「iPhoneX」にて初めてディスプレイに「有機EL」が採用されました。最近のスマートフォンではこの有機ELが積極的に採用されるケースが増えており、皆様もスマホ選びの際に耳にする事が増えてきたのではないかと思います。

そもそも有機ELって何??という方の為に、先ずはiPhoneのモデルを例に挙げて「液晶」との比較を含めて簡単に解説を。

・液晶ディスプレイ=現在までのiPhoneで言えばホームボタンが搭載されている機種全般に採用されている種類のディスプレイです。画面を映し出す仕組みとしては、液晶自体が明るく光っているわけではなく、液晶に映し出された映像に対し、搭載されたバックライトで明るく照らす事で視認出来る仕組みになっています。

スマホに採用する際のメリットとしては、有機ELよりも歴史が長く既に十分に技術も確立されており素材としてのコストが安い事でしょう。デメリットとしては後述の有機ELよりも節電性能は低い事や、バックライトを搭載するスペースが必要である事からスマホ本体の薄型化には向かない事、有機ELに比べれば特に「黒色」の見え方が完全な「真っ黒」にはならないという部分があります。その辺りは有機ELの仕組みを理解していただけると違いが分かると思います。

・有機ELディスプレイ=現在のiPhoneで言えばiPhoneX、iPhoneXs、iPhone11Pro、iPhone11ProMax、iPhone12/iPhone13シリーズ全般に搭載されているディスプレイです。液晶とは違いそれ自体が発光体である為、バックライトを必要としません。

スマホに採用する際のメリットとしては、 バックライトが不要となる分スマホ本体を薄型化しやすかったり、近年注目されているいわゆる「折り畳みスマホ」もこのバックライトを必要とせず、素材のしなやかさを持つ有機ELだからこそ成せる技術です。そしてそれ自体が発光体である事から「黒」の部分はあえて「発光しない」事により「完璧な黒」を再現することが出来ます。それは映像の全体的な美しさにも影響しますし、映像を映し出す必要のない部分はあえて発光しない事によりバッテリーの節電にも繋がります。

皆様はスマートフォンの「ダークモード(ダークテーマ)」はご利用されていますでしょうか??このダークモードはスマホの画面を通常の白中心の背景から黒中心の背景に変化させるものですが、特にこの有機ELの性質と相性が良く、私も有機EL搭載のスマホに関しては積極的にダークモードを利用しバッテリーを節電しています。

デメリットとしては液晶に比べて高価である事。例えばiPhoneXR等はiPhoneXよりも後発の機種でありながらあえて従来の液晶を搭載する事でコストを下げているわけですね。もう一つは長期間使用していると画面に「焼き付き」という現象が起きてしまう場合があります。Google等の検索で「有機EL 画面焼け」等と検索していただくと参考になる写真が沢山出てくると思いますが、日頃長時間同じ個所に同じ映像が表示されていると、画面にそれが残像の様に焼き付いて残ってしまう現象です。

このような「液晶」と「有機EL」のおおまかな違いをご理解いただいた所で、現場でもよく遭遇する違和感のあるフレーズの一つに「この機種の液晶って有機ELですか?」という質問があるのですが、上記の違いをご理解いただければおかしな日本語になってしまっている事がご理解いただけるかと思います。液晶と有機ELはそもそも別物である、という事ですね(^^;

さて、ここまでのお話をご理解いただいた上で、iPhoneを修理に出す際に注意して欲しい点が一つあります。

それは民間の修理業者で修理を行う場合には「有機ELディスプレイの機種に対しても液晶ディスプレイを使用して修理を行っているお店も多い」という部分です。えっ?どういう事?と思われるかもしれませんが、iPhoneの修理用スペアパーツには修理時のコストを下げる為に、有機EL採用機種に対しても液晶仕様の交換用パーツが存在するのです。

前述のiPhoneX以降の有機EL採用機種に関しては修理を行う店舗によって他の機種よりも価格の差が大きい事がよくあるのですが、実はこの「有機EL」か「液晶」を使用しているかの差であることが多いのです。勿論それがきちんと施工前にお客様に伝えられた上で了承済みであれば双方にメリットがあり何も問題は無いと思うのですが、特にホームページでの記載や店頭での説明も無い場合もありますのでご注意を。もし気になる方は事前にお店に確認しておくと良いかと思います

私は現在日常的に使用しているスマホが「Galaxy Note20 Ultra 5G」(有機EL)と、iPhoneSE(第2世代)(液晶)の2台なのですが、やはり個人的には有機ELの方が好みではあります。但し感じ方は人それぞれですしiPhoneSE(第2世代)の液晶も十分に高品質だと思います。もし興味のある方は是非店頭で一度様々なスマホディスプレイを見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

個人的に一番違いを感じるシチュエーションは、夜の就寝前にスマホを触っている時間です。就寝時に部屋を暗くしてスマホを見ていると、液晶と有機ELの違いが明確にわかるのです。液晶は前述の通りバックライトを利用している為、黒い部分が「真っ黒」ではなく、白っぽく光っている事が一目でわかってしまい、画面が眩しく感じてしまうんですね。その点有機ELの機種はそれが無く、映像に対しての没入感が高まり眩しく感じる事も少ないと思います。

そして、今回は深くは触れませんでしたが、実は有機ELの中でも機種によって採用されているパネルの品質のランクは様々です。見え方も同じ有機ELでも異なってくる場合もありますので、是非これを機会にスマホのディスプレイに興味を持っていただければ幸いです。